本文へスキップ

ユーキャンの調剤薬局事務講座 費用は?

ユーキャンの調剤薬局事務講座

ユーキャン:調剤薬局事務講座

調剤薬局事務講座は、ユーキャンの人気講座ランキングで2位!

このように、ユーキャンでも、調剤薬局事務講座はたいへん人気があります。

その理由は、女性に人気の調剤薬局事務資格を取得するのに、ユーキャンの講座がたいへん取りやくなっているからです。
ですので、調剤薬局事務講座なら、ユーキャンの通信講座が断然おすすめです!

詳細・受講申し込みはユーキャンの公式サイトで
>> ユーキャンの調剤薬局事務講座

まず、調剤薬局事務について知っておきましょう

調剤薬局事務の仕事とは?

調剤薬局事務の仕事とは、その名前から推測できるように、調剤薬局(要するに、薬局)で事務を行う仕事ということになります。そして、調剤薬局事務を行う人を調剤薬局事務員(調剤事務員と略称されることもあります)と言っています。

調剤薬局事務は、具体的にどのような仕事をするのでしょうか?

調剤薬局事務の仕事は、単純にいうと、文字通り調剤薬局で事務を行う仕事です。病院のような医療機関で医療事務を行う仕事が医療事務であり、調剤薬局で医療事務を行う仕事が調剤薬局事務の仕事となります。

調剤薬局事務の代表的な仕事とは?

調剤薬局事務の代表的な仕事には「レセプト作成業務」と「受付業務」の2つがあります。レセプト作成業務は、簡単に言うと、病院を利用する患者さんのほとんど加入している社会保険や国民健康保険などの保険者に診察料や薬代を請求する作業(調剤報酬請求業務)が主な仕事となります。

調剤薬局事務の仕事は、レセプトを作成するのが主な仕事です。

その際、厚生労働省が定めている「調剤報酬点数表」に基づいて算定をしたレセプト(調剤報酬明細書)を作成するのが調剤薬局事務の仕事で、調剤薬局の経営に直接関わる重要な仕事となります。

また、調剤薬局での受付業務も調剤薬局事務の大切な仕事です。薬局に訪れる患者さんから処方箋を受け取って、薬剤師に調剤を依頼し、薬剤師の指示のもとで患者さんに薬を手渡すのが受付業務です。

調剤薬局事務の仕事はお客さんとの関わりがあって楽しい!

分かりやすく言うと、調剤薬局とはお医者さんで発行された「処方せん」に基づいて、薬を調剤して渡してくれるところです。「処方せん受付」などの表示がある薬局が調剤薬局ですので、この調剤薬局が調剤薬局事務の職場になります。

調剤薬局事務の仕事は、一般事務よりも人とのコミュニケーションを取る機会が多いのが特徴。薬局を訪れたお客さんとのコミュニケーションを楽しみながら仕事ができるため、一般事務にはない魅力を持っています。

また、お客さんとうまくコミュニケーションを取ることで、仕事もスムーズに行うことができ、慣れると楽しい仕事と言えます。

お客さんと良好な関係を築くために接客技術が必要になりますが、人との関りが好きな人にとっては、そのような人間性を生かして楽しみながらできる仕事です。

ユーキャンの調剤薬局事務講座について

調剤薬局事務は、手軽に狙うことができる専門技能です。

調剤薬局事務は「調剤報酬請求事務(レセプト作成)」を中心に、事務作業全般を行います。

また、ユーキャンの調剤薬局事務講座で対応している「調剤事務管理士(R)」は受験資格が不要!ですので、だれでも資格取得を目指すことができます。

このように、調剤薬局事務は専門的な技能が必要とされる仕事ですが、難易度が比較的低いため取りやすく、人気の資格となっています。

また、家事や育児と両立しやすいので、実生活を大事にしながら仕事をしたい方や女性には特におすすめの資格です。

調剤薬局事務はこんな方におすすめ!

調剤薬局事務が扱うのは、「薬剤」の分野のみですから、学習の範囲が狭く、難易度はそれほど高くないため、初めて学ぶ方でも無理なく身につけられる技能となっています。

また、ユーキャンの調剤薬局事務講座で対応している「調剤事務管理士(R)」に受験資格は不要ですので、どなたでも資格取得が目指せます。

暗記の必要はありません!

「レセプト」という書類を“正確に”作成するのが調剤薬局事務の主な仕事。そのため、実務でも必要に応じて資料を見ながらレセプトを作ります。だから、受講中も暗記は不要! 添削課題や試験もテキストや資料を見ながら解答でき、細かい数字などについて暗記する必要がありません。

試験はテキストを見ながらでOK!

働く時間も選びやすい! 「残業なし」「午前中だけ」もOK!

調剤薬局事務は働き方も柔軟! ご自身の都合に合わせて選ぶことも可能です。
もちろん、フルタイムで働くこともできるし、パートタイムで午前中だけ勤務なんてことも可能になります!

ユーキャンの調剤薬局事務講座

自分の都合で働きやすいのも調剤薬局事務の魅力です。

ニーズが安定! 近所でも就職しやすい!

調剤薬局における処方せん受付の数は毎年増加しており、今後も技能を身につけた調剤薬局事務スタッフの活躍が期待されています。

自宅の近所で職場を見つけやすく、家事・育児が忙しい方や引っ越しが多い方にもうれしい仕事です。

収入が生まれて家計にプラス!

就職によって新しい収入が生まれ、家計にもプラスに! また、保険の制度やお薬の知識は、実生活にも役立ちます。

さらに、調剤薬局事務の資格は、一度習得しておけば一生使うことができますから、将来の“保険”のために習得される方も多くいます。

調剤薬局事務はどんな人に向いていますか?

調剤薬局事務は学習の範囲も限定されており、初心者の方にも取りやすい資格。就・転職に役立つ専門技能を“手軽に”身につけたい方におすすめです。

ユーキャンの医療事務講座:分かりやすくて学費も安価!

調剤薬局事務の学習範囲が薬剤の範囲に限定されているのに加え、ユーキャンでは効率的に必要な内容だけに絞り込んでいるため、メインとなるテキストはたったの2冊です!ですので、 短期間で効率的に「調剤事務管理士(R)」合格が狙えます。

ダブル習得を目指す方も!

調剤薬局事務と医療事務のどちらも習得すると、その分働ける職場も増え、就職にも有利になりますから、ダブル習得を目指す方もたくさんいます!

ユーキャンの調剤薬局事務講座は、資格取得に必要な内容を最小限に絞り込んであるため、メインのテキストはたった2冊ですから、初心者でも4ヵ月で着実に合格力を目指すことができます。

ユーキャンの調剤薬局事務講座

重要ポイントをわかりやすく、丁寧に説明したテキスト!

ユーキャンのテキストは、専門用語の丁寧な説明はもちろん、イラストや図表を効果的に使っています。ですので、はじめて医療事務を勉強する方でも、資格取得に必要な内容がしっかりと理解できるようになっています。

メインテキストはたったの2冊で、イラストや図表入りでサクっと理解することができます。また、テキストはやさしい説明で、重要ポイントがひと目でわかります。

イラストや図表も豊富だから、理解もスムーズに行うことができ、調剤薬局事務の学習が初めてでも、ムリなく着実に学習を進められます。

難しい言葉はすぐに解決!

ページの右側には、理解を助ける解説欄が設けられています。最初は、簡単な用語から解説しており、単語がわからなくてつまずく心配もないから、初心者でも安心して学習を進めることができます。

実際のテキストの中身の例

調剤薬局事務講座のテキストの中身を見てみましょう。

ユーキャンの調剤薬局事務講座 テキスト

電話応対の基本やマナーも学ぶことができます。

サブテキストの「接遇マナーハンドブック」では、調剤薬局で仕事をする際に必要な、電話応対の基本や接客のマナーなどについて収録しているため、実際に働くときにも重宝します。

ユーキャンの教材を用いた1日の学習時間は?

調剤薬局事務の1日の学習時間はわずか40分程度となります。家事や仕事の合間のスキマ時間を使って、好きな時にマイペースで学習することが可能です。

ユーキャンの調剤薬局事務 費用は?

一括払い 39,000円
分割払い 3,300円 × 12回(12ヵ月) 総計:39,600円(税込み・送料当社負担)
  • 上記の金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
  • 標準学習期間は4ヵ月、添削回数は3回です。

学費の20%が支給されます!

教育訓練給付制度を利用すれば、学費の20%が支給されます!

この教育訓練給付制度をうまく活用して、オトクに受講しましょう。

教育訓練給付制度は、ユーキャンの公式サイトにも説明されています。

学費の支払いは、以下の方法から選ぶことができます。

  • 1. 郵便局・ゆうちょ銀行をご利用の場合(詳細)
  • 2. コンビニエンスストアをご利用の場合(詳細)
  • 3. クレジットカードをご利用の場合(詳細)
  • ※クレジットカード払いはインターネットのみ、一括払いのみ

・送料は、全国どこでも無料です。
・分割払いも可能です。

分割払いの場合、月々3,300円のお支払いで可能となります。

万一の返品も可能です。教材を見て気にいらなかった場合や、受講を取消す場合、教材到着後8日以内であれば返品できます。(取り消し料は不要ですが、返送料のみ負担する必要があります。)


【関連記事】

調剤薬局事務講座と医療事務との違いは?

医療・福祉分野の2大人気資格である調剤薬局事務と医療事務ですが、どちらも医療系の職場で活躍する事務系のお仕事です。どのような違いがあるのでしょうか?

働く場所が違います!

調剤薬局事務の職場は調剤薬局ですが、医療事務は主に病院です。ですので、調剤薬局とはお医者さんで発行された「処方せん」に基づいて薬を調剤して渡す仕事です。これに対して、「処方せん受付」などの表示がある薬局が調剤薬局ですので、この調剤薬局が調剤薬局事務の職場になります。

扱う学習範囲が違う!

調剤薬局事務が扱うのは「薬剤」の分野のみですから、学習範囲が限定されているため、難易度はそれほど高くなく、初めて学ぶ方が無理なく身につけられる技能です。