本文へスキップ

ユーキャンの医療事務講座 女性に一番人気 費用は?

ユーキャンの医療事務講座 費用は?

ユーキャン:医療事務講座

医療事務講座は、ユーキャンの人気講座ランキングで1位!

このように、ユーキャンでも、医療事務講座はたいへん人気があります。

その理由は、女性に人気の医療事務資格を取得するのに、ユーキャンの講座がたいへん取りやくなっているからです。
ですので、医療事務資格なら、ユーキャンの通信講座が断然おすすめです!

詳細・受講申し込みはユーキャンの公式サイトで
>> ユーキャンの医療事務講座

医療事務の資格の特徴:医療事務は女性に人気の資格です!

医療事務は病院への就職に有利!

医療事務の人気の秘密は、求人が多く、就職がしやすいことです。しかも、職場となる病院等の医療機関は日本国中にあるため、引越し先でも就職先に困ることはありません。

病院の受付や会計、医療費の計算(レセプト業務)など、医療機関のさまざまな場所で活躍する医療事務は、医療機関にとって欠かせない存在です。

女性に人気の一生モノ資格で、結婚・出産後の就職にも!

医療事務のスキルは、一度習得しておけば、一生使うことができます。「すぐに就職はしないけど、将来の保険のために」と習得される方も多くいらっしゃいます。

医療事務の資格を活かせば、子育てをしながらでも働けます!

医療事務は、子育てをしながらでも働けます。実際、多くの子育て中の女性が、医療事務の資格を取って活躍しています。例えば、お子さんが幼稚園や小学校に行っている間だけ、パートタイムで働いているという方も多いですよ!

医療事務のニーズは、とても安定しています!

病院の数はコンビニエンスストアの2倍以上とも言われています。

好不況に関わらず、病院は多くの人が利用し、医療施設数も常に安定しています。医療施設で働く医療事務は、景気にも左右されにくい、安定した職業でもあります。

医療事務は、年齢に左右されにくいお仕事です。

医療事務は体力勝負のお仕事ではないため、年齢を気にせず長く安定して働けるのも魅力のひとつですね。高齢になっても活躍することができるお仕事です。

働く時間も選びやすく、「午前中だけ」や「残業なし」も!

医療事務は、時間や働き方なども、、自分の都合に合わせて柔軟に調整することが可能です。フルタイムで働くこともできるし、パートタイムで午前中だけ勤務という働き方も可能です。このように、自分の都合で働き方が選びやすいのも、医療事務の魅力です。

ユーキャンの医療事務講座:分かりやすくて学費も安価!

ユーキャンの医療事務講座

ユーキャンなら、約4ヵ月で資格取得を目指すことができます!

ユーキャンでは、医療事務の資格を取るのに、4カ月ほどで合格を目指せるカリキュラムを組んでいます。しかも、医療事務に必要な知識や、実際に働く際に求められるマナーなどについて、テキストで分かりやすく学ぶことができるため、就職先でもすぐに役に立ちます。

重要ポイントをわかりやすく、丁寧に説明したテキスト!

ユーキャンのテキストは、専門用語の丁寧な説明はもちろん、イラストや図表を効果的に使っています。ですので、はじめて医療事務を勉強する方でも、資格取得に必要な内容がしっかりと理解できるようになっています。

ユーキャンの医療事務講座 テキスト

豊富なイラストと丁寧な解説で始めての方も安心して始められます!

テキストでは図やイラストを豊富に使っています。文字だけではなく、ビジュアルでも理解を進めることができます。

難しい言葉はページの右側で丁寧に解説しているので、はじめてでもスムーズに学習を進めることができます!

ユーキャンの医療事務 費用は?

一括払い 49,000円
分割払い 3,300円 × 15回(15ヵ月) 総計:49,500円
(税込み・送料当社負担)
  • 上記の金額には、教材費、指導費、消費税などが含まれます。
  • 標準学習期間は4ヵ月、添削回数は3回です。

学費の20%が支給されます!

教育訓練給付制度を利用すれば、学費の20%が支給されます!

この教育訓練給付制度をうまく活用して、オトクに受講しましょう。

教育訓練給付制度は、ユーキャンの公式サイトにも説明されていますのでご参考にしてください。>>ユーキャン公式サイト

お支払いは以下の方法から選べます!

  • 1. 郵便局・ゆうちょ銀行をご利用の場合(詳細)
  • 2. コンビニエンスストアをご利用の場合(詳細)
  • 3. クレジットカードをご利用の場合(詳細)
  • ※クレジットカード払いはインターネットのみ、一括払いのみ

・送料は、全国どこでも無料です。
・分割払いも可能です。

分割払いの場合、月々3,300円のお支払いで可能となります。

万一の返品も可能です。教材を見て気にいらなかった場合や、受講を取消す場合、教材到着後8日以内であれば返品できます。(取り消し料は不要ですが、返送料のみ負担する必要があります。)

ユーキャンの医療事務講座 まとめ

ユーキャンの「医療事務」講座は、ユーキャンの講座の中で人気の講座です。本講座では、医療に関する専門用語などもひとつひとつ丁寧にわかりやすく解説。医療関係の仕事にまったく携わったことがない方でも、基礎からムリなく学習することが可能です。

医療事務として働くうえで必要な接遇・マナーやレセプト作成の基本など、実務でそのまま役立つ知識が、ムダなく効率よく学べるカリキュラムが特長です。

また、当講座では、受講期間内に実施される「医療事務認定実務者(R)試験」を在宅受験できます。忙しい方や育児中の方も、自宅で試験を受けられるので安心です。


【関連記事】

医療事務の仕事は患者さんとの関わりがあって楽しいですよ!

医療事務の仕事は、事務仕事ではありますが、一般事務よりも人とのコミュニケーションを取る機会が多いのが特徴です。患者さんとのコミュニケーションを楽しみながら仕事ができるため、一般事務にはない魅力を持っています。

また、患者さんとうまくコミュニケーションを取ることで、仕事もスムーズに行うことができ、慣れると楽しい仕事と言えます。

患者さんと良好な関係を築くために接客技術が必要になりますが、人との関りが好きな人にとっては、そのような人間性を生かして楽しみながらできる仕事です。

医療事務の資格にも色々あります。

医療事務は、求人が多い人気職種の1つで、女性にも人気の資格となっています。その理由は、職場となる病院等の医療機関は全国各地にあり、家族の転勤や出産、育児が終わった後にも社会復帰しやすい職業だからです。

医療事務は1つの資格ではなく、医療現場の事務に関する様々な資格から成り立っています。また、医療事務は国家資格ではなく、全て民間資格となっていますが、資格の取得が条件となっている就職では、当然その資格の取得が必要になります。

なお、医療事務に関するいずれの資格を取得していている場合でも、仕事内容は基本的に同じで、主に病院の受付や会計、レセプト(診療報酬明細書)作成業務を担当することになります。

医療事務資格の代表的な資格は以下の4つです。

(1)医療事務認定実務者(R)(全国医療福祉教育協会)

  • 医療事務認定実務者試験は2016年に新設された資格試験で、毎月実施されます。
  • 合格率は約60~80%で、難易度の低い試験であり、まずこの資格から取得する方が多いです。
  • 診療報酬請求事務を重点的に学習する他の3資格とは異なり、接遇・マナーなど、受付業務に必要な知識を重点的に学習します。
  • 試験方法は、一般の方や通信講座の受講生は自宅受験、認定機関の通学講座の受講生は会場受験になります。
  • 試験はマークシート形式の学科試験30問と、マークシート形式の実技試験(外来1症例のレセプト作成)から構成されます。
  • 参考資料やノート、電卓を試験会場に持ち込めるため、チャレンジしやすい資格試験です。
  • なお、勉強に必要な期間は通信講座の場合4ヵ月程度です。

(2)医療事務技能審査試験(日本医療教育財団)

  • 医療事務技能審査試験(メディカルクラーク(R))は、毎月実施されています。
  • 試験内容は、医療機関での受付業務や診療報酬請求事務業務のスキルが問われる。
  • 試験は、以下の「学科」「実技I」「実技II」の3つから構成されています。
  • 「学科」では医療事務の知識に関する問題が25問(選択式)
  • 「実技I」では患者接遇に関する問題が2問(記述式)
  • 「実技II」ではレセプト点検に関する問題が4問、出題されます。

(3)医療事務管理士(技能認定振興協会)

  • 医療事務管理士技能認定試験は2ヵ月ごとに実施されます。
  • 合格率は約50%。
  • 学科試験では知識問題10問(マークシート形式)
  • 実技試験ではレセプト作成・点検問題が3問(外来2問、入院1問)
  • 出題されます。

(4)診療報酬請求事務能力認定試験(日本医療保険事務協会)

  • 厚生労働省が唯一認定している公益財団法人日本医療保険事務協会が主催。
  • 診療報酬請求事務、受付・会計・オペレーター業務などを全般的に問う問題です。
  • 毎年2回の実施。
  • 学科試験および実技試験が実施されます。
  • 合格率は約30%で、医療事務資格では最難関の試験です。